交際相手が既婚者かどうか調べる方法

交際相手が既婚者か調べる

お付き合いしている彼氏、彼女の身元をよく知らないまま時が過ぎてしまっている

誰もが手にしているスマートフォン。

そのスマートフォンのアプリには出会い系アプリがいとも簡単にインストールできる世の中になりました。

出会い系アプリとはご自身のデータを入力し、自分に合う相手の経歴や住んでいる地域などを設定するとAIが自動的に選択して紹介してくれるとても便利なアプリです。

しかしながら中にはよくない人物も登録しているのが現状で、恋人がいる、既婚者であるといった男性が紛れ込んでいるという事実は周知の通りです。

コロナ禍で出かける機会が減った。飲み会は苦手といった方たちでも気軽にマッチングしてくれるのが様々な年代に支持されています。

手軽さがウケている反面、真面目なお付き合いを望んでいる利用者がいることも事実です。

当初は年齢も近く、気が合いそうだったので実際に会い、その後お付き合いへと変化していきます。

お付き合いが長引けば何となく頭に思い浮かべるのが「結婚」の二文字。

20~30代の方であれば誰もが考えることではないでしょうか?

お付き合いが長引けば相手の個人情報も少しづつ分かってきて段々と安心していくものですが、交際相手があまり自分の事を話さない、自宅の場所が曖昧、仕事に関しても不透明という場合があります。

そうなると不安感が増してきてしまうものです。

好きな相手だから信用しようと考えても、もしかしたら嘘をつかれているのではないか?と思ってしまうのは当たり前のことです。

探偵組合である東京調査業協同組合では、こうしたご相談に対応しています。

交際相手に関するご相談については以下のような事例があります

交際相手が既婚者だったら
・マッチングアプリやSNSで知り合った彼氏の自宅が嘘だった。家にも上げてくれた事ないし本当に独身なのか真実を確かめたい。
(分かっている情報:氏名・勤務先・携帯電話番号)

お持ちの情報から依頼人宅から出た後に尾行調査を行い、自宅を把握。ファミリータイプのマンションだった事から自宅所有者を確認したところ同姓の女性との共有名義であった。その後の聞き込み調査で数年前に若い夫婦が中古マンションを購入したという話も聞かれ既婚者であることが判明した。

・知り合いの紹介で知り合った交際相手が最近なかなか会ってくれない。もしかしたら結婚しててお子さんがいる可能性も考えてしまう。
(分かっている情報:氏名・携帯電話番号・使っている駅)

依頼者とのデート後にどこに帰宅するのか尾行調査を行った。その結果、単身用のマンションに帰宅。その人物が休日の時に張り込み調査を行ったが、他の人物と出かけていく事実は無く、単身者であるとの判断になった。その後の調査で離婚したばかりの男性で、養育費などの関係で節約のために会う機会を減らしていたのではないかという判断になった。依頼者にも同様の話をしたとの事。

・マッチングアプリやラインのオープンチャットで知り合った彼氏がお金の無心をするようになった。クレジットカードなど持っていない様子でもしかしたら自己破産しているのかもしれない。
(分かっている情報:氏名・携帯電話番号・住所)

SNSなどで知り合う交際相手の中には身元がハッキリと分かっていないために詐欺的な行為で金品を搾取する人物が少なからず存在します。今回は提供された資料から自己破産しているかいないか?の調査でした。鋭意調査の結果、数年前に自己破産手続きを受け、復権していない事実が判明。その後お金を無心してくる人物とは連絡を断ったそうです。


マッチングアプリ以外でも様々な出会いの形があります。当初はお互いが警戒していてなかなか本当の事を話せない場合もありますが、ある程度の期間が経過していれば信頼関係が生まれるために自分の人となりを話す機会もあるでしょう。しかし、最初から嘘をつくつもりで会っている人物がいることもあります。調査したところ必ずしも悪い結果が判明するとは限りません。各々で事情が違いますからあまり深く考え込まないことが大事です。

探偵組合ではこうしたご相談を解決してきた実績があります

既婚者であるかどうかの事実確認は交際相手の自宅を確認し、その自宅の状況などからでも既婚者であるかどうかの判断は可能ですので是非ご相談下さい。その他の情報も確認可能です。お知りになりたい事柄をお話しください。

また、交際相手が自己破産しているかどうかの調査も可能です。相談はもちろん無料ですのでご連絡ください。あまり料金をかけずにお調べする方法をご提案できると思います。

東京調査業協同組合