調査の相談

調査の相談から依頼、ご報告までの流れ

初めて探偵に相談~依頼される方へ、基本的な流れをここでご紹介いたします。

「探偵に依頼する」

一生に一度あるかないか、の大事なご決断をされるのですから安心・安全な東京調査業協同組合をお選びください。

まずはご相談から

調査して解決できる案件なのか?詳しくお話をお聞きします。

調査をしても依頼人にとって何ら解決に至らない、探偵料金だけ払って損をした!という事が無いようにできるだけ詳しくお話しください。調査以外の解決方法もあると思います。一緒に悩み、打開策を話し合いましょう。

調査の依頼が決まったら探偵との契約になります

平成19年6月1日に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」というものがあります。適正な契約を行わないと調査が出来なくなり、依頼人と探偵との契約書を作成する義務があります。この時に調査着手金をいただく場合があります。

  • 調査委任契約書

依頼人からどのような調査を受け付けたのか?料金や報告する期日などについて記されています。

  • 重要事項説明書

調査の契約方法やクーリングオフについての説明を受けたかどうか?の書類になります。

  • 誓約書

調査の結果を違法なことに使用・利用しないという依頼人の署名が必要になります。

探偵の調査がはじまります

探偵による調査がはじまります。途中報告も可能です。

報告書の作成に取り掛かります

調査が一段落したら調査報告書の作成に取り掛かります。

ご報告・料金の精算

調査報告は基本的に報告書での説明になります。尾行調査や浮気調査などの行動調査の場合は写真付きの報告書になります。

同時に残金の清算をしていただく場合が多いです。


以上、簡単ではありますが、基本的な流れをご紹介いたしました。

東京調査業協同組合