中小企業等協同組合法について

中小企業
中小企業は一般的に規模の小ささからくる過小評価や信用力の弱さ、知名度など複合的に判断して不利な立場にあるとされています。
以上の観点から同業者らが集まって組織化して生産性の高揚、価値実現力、人材育成の協力体制などの強化が図れ、尚且つ対外交渉力においても有利になると思われています。

中小企業協同組合制度は事業者や勤労者が組織化して、共同購買・共同購買・共同生産・共同研究・共同販売などの共同事業を通じて各々の事業者が不足している経営及び人材資源を相互補完し、活力化を図る為の制度です。

中小企業等協同組合法(外部サイト e-Gov)

東京調査業協同組合