あらゆる調査に対応しています

昨今、私共探偵業界の中では調査を断ってしまう業者が少なからず存在しているという話を聞きます。

それは経験不足からくるのが原因で、所謂浮気調査、尾行調査しか経験のない探偵事務所が多くなっているということです。組合員からしてみると、不思議に思う事があるのですが、やはり豊富な経験数がものをいう業種なのだなと感じます。

東京調査業協同組合では尾行調査を主な手法とする浮気調査は勿論のことですが、依頼内容(何が知りたいのか?)によって調査手法が変わりますので多種多様な依頼内容から最適な調査手法を選び、依頼人へ報告することが可能です。他社で断られた複雑な内容の依頼でも解決へと導く経験が当組合にはあります。

調査依頼は違法にならない範囲で承っております。

まずは下記から最も近いと思われる内容の調査をご覧ください

尾行調査

浮気調査での尾行、社員の不正問題に絡む尾行など様々な依頼内容で行われる最もポピュラーな調査手法が尾行調査です。

浮気調査

基本的には尾行を行い行動の確認を行うのが浮気調査ですが、すでに相手方が判明しているなど不貞相手の素性を調べるだけの場合もあります。

浮気調査

不貞の証拠

基本的には浮気調査なのですが、民事裁判まで発展する場合は裁判で有効な証拠が必要になり、動画や静止画を含む決定的な証拠を報告書に纏めてお渡しいたします。

不貞の証拠

家出人捜索

文字通りご家族の失踪や家出に関する調査になり、基本的に着手金+成功報酬になります。(要相談)

法人・企業信用調査

すでに取引のある場合でも不審に思われた事柄あるならば今一度慎重に相手方の信用情報を確認することが必要です。

個人信用調査

個人間の取引が増えてきております。反社会的勢力の関係者では?や投資案件での取引の場合にご相談に来る依頼人が多いです。

労務管理問題の解決

社員の不正問題で頭を抱えている人事担当者の方が依頼されるケースが多いです。

人事関係調査

基本的には事実関係の確認やネット上でのスクリーニング、蓄積されたデータから人物像を探ります。

縁談に関する調査

人探し

裁判に関する調査

盗聴・盗撮機器の検査

東京調査業協同組合